海外FX業者A-BookとB-Bookの違いを理解してFX業者を選ぼう!

FX業者は主に、A-bookとB-bookのどちらかの種類に分類されます。

このA-BookとB-Bookのそれぞれの意味と、FXでトレードをする上でA-bookとB-bookでどんな違いがあるのか?について詳しく説明していきます。

 

A-BookのFX業者とは

A-BookのFX業者は、間にディーラーを挟まないNDD方式を採用しています。

NDD方式の売買注文は、インターバンク市場・LP(リクイディティプロバイダー)の金融機関にダイレクトに流されます。

売買注文がFX業者を素通りするため、FX業者による不正(スリッページやリクオートなど)が起こりません。

顧客の取引相手は、インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)の先にいる別の顧客であるため、ゼロサムゲームが成立します。

インターバンクの価格に上乗せした手数料=スプレッドが、FX業者の利益となります。
(FX業者によってはECN手数料がある場合もあります。)

 

A-BookのFX業者のメリット

A-BookのFX業者の最大のメリットは、『安心感』だと言えます。

A-BookのFX業者は顧客の注文を、直接インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)に流すため、レート操作などの不正がない透明性の高いトレードができます。

B-bookのように顧客の注文を呑んでいないので、勝っている顧客に対して行われるレバレッジ制限や出金制限などの問題が起こりにくい。

 

A-BookのFX業者のデメリット

A-BookのFX業者は顧客の注文を、直接インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)から調達してきます。

その為もし調達できなかった場合は、約定拒否やスリッページが起こる場合があります。

レバレッジも比較的低めの傾向があります。

 

B-BookのFX業者とは

B-BookのFX業者は、顧客の注文を直接インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)に流しません。

顧客の注文は、B-BookのFX業者自身が受けて(呑んで)います。

つまり顧客が勝った利益は、B-BookのFX業者が支払います。
逆に顧客が負けてくれればFX業者の利益となります。

 

B-BookのFX業者のメリット

B-BookのFX業者は顧客の注文を、直接インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)に流さないため、インターバンクやLP(リクイディティプロバイダー)で調達できない注文も約定します。

B-BookのFX業者は、小ロットでの売買ができたり、手数料無料やスプレッドもかなり低めに設定されているのが最大の特徴でメリットとなります。

レバレッジも500倍以上など、かなり高めに設定されています。

 

B-BookのFX業者のデメリット

B-BookのFX業者を使うデメリットは、勝ちすぎるとレバレッジ規制を受けたり、最悪の場合は口座を凍結されることもあります。

B-BookのFX業者で表示されている為替レートは、操作によって不利なレートである場合も0ではありません。

またFX業者の操作により、約定拒否やスリッページが起こる可能性も考えられます。

 

A-BookとB-BookのどちらのFX業者を使うべきか

A-BookとB-Bookで、それぞれメリットとデメリットがあります。

B-Bookは小額からトレードできて、手数料が安くスプレッドも低いという特徴があります。

しかしFX業者による、価格操作などの不安要素があります。

また利益を出し過ぎると、レバレッジ制限や口座を凍結される可能性もあります。

 

 

A-Bookは、レート操作などの不正がない透明性の高いトレードができる安心感があります。

またいくら儲けても、レバレッジ規制や口座凍結される心配が基本的にありません。

しかしA-Bookは、スキャルピングをする場合は不利になります。

それはB-Bookよりスプレッドが大きかったり、大きなロット数で注文をだしても、約定拒否やスリッページが起こる可能性があるので、小さなpipsで大きな利益を出すことが難しくなるからです。

 

自分の使っている売買手法や売買ルールによって、A-BookとB-Bookを使い分ければ良いと思います。

 

おすすめのFX会社ランキング

ブログで紹介中の実績EAを無料プレゼント中!

”投資とは無縁のど素人”たちが次々と利益を出し
2019年利益率279.06%を達成した実績EAの改良版を無料プレゼント中!

error: Content is protected !!